島根県雲南市教委は19日、同市で営巣している国の特別天然記念物・コウノトリのペアのうち、雌(5歳)が、猟友会員の猟銃による誤射で死んだと発表した。 市教委によると、同日午前、サギを駆除しようとした猟友会員が、田んぼにいるコウノトリを誤射したという。 この雌は同市で産卵し、今年4月にヒナが誕生。野外での 孵化 ( ふか ) は、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング