動物の死が相次ぐ円山動物園、獣舎に監視カメラ

読売新聞 / 2017年5月26日 8時54分

飼育動物の死が今年も相次ぐ中、対策に頭を痛める札幌市円山動物園は今秋にも、一部獣舎に24時間態勢で稼働する監視カメラを設置する。 夜間など職員不在時の行動を確認できるようにすることで、動物の異変にいち早く対応するほか、事故が起きた際の原因究明に役立てることが目的だ。 同園などによると、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング