日本原子力研究開発機構の大洗研究開発センター(茨城県大洗町)で起きた 被曝 ( ひばく ) 事故で、放射線医学総合研究所(千葉市)は19日、作業員5人全員の尿からプルトニウムを検出したと発表した。  量はごく微量で、5人の健康状態は良好という。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング