ヒアリ、茨城でも24匹…東京港からのコンテナ

読売新聞 / 2017年7月17日 0時50分

茨城県は16日、常陸太田市の事業所に運ばれたコンテナ2基から、南米原産で強い毒を持つ「ヒアリ」が計24匹見つかったと発表した。 県によると、ヒアリの確認は全国8例目。港湾エリア外の内陸部では愛知県春日井市に続いて2例目。 発表によると、事業所の従業員が12日、コンテナから工業製品用資材を降ろす際、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング