ゴルフ全米プロ、松山は1打差2位で最終日へ

読売新聞 / 2017年8月13日 16時5分

男子ゴルフの今季メジャー最終戦、全米プロ選手権は12日、シャーロットのクウェイルホロー・クラブ(パー71)で第3ラウンドが行われ、首位タイから出た松山英樹は1バーディー、3ボギーで回り、通算6アンダーで首位と1打差の2位に後退した。 前日首位タイのケビン・キスナー(米)が7アンダーで首位。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング