意識失っても自動運転…マツダが標準装備へ

読売新聞 / 2017年8月19日 10時27分

マツダは、ドライバーが運転できない状況に陥った際に作動する自動運転機能の開発に着手した。 2020年から実証実験を始め、25年までに市販車に標準装備する。病気でドライバーが意識を失うなどの事態を想定している。 マツダが開発しているのは、ドライバーがハンドルから手を離し続けるなど、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング