運転手「ボーッとしていた」…北海道・バス横転

読売新聞 / 2017年8月19日 12時6分

北海道清水町の国道で18日、観光客ら49人を乗せたバスが横転した事故で、病院搬送された48人のうち少なくとも39人が負傷し、うち40歳代の男女3人が鎖骨や骨盤などを骨折する重傷を負っていたことが、道警新得署の調べでわかった。 調べに対し、男性運転手(58)は「ボーッとして運転していた」と話しており、同署は前方不注意の可能性もあるとみて調べている。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング