過去最大規模の約600億円もの年金支給漏れが発覚してから一夜明けた14日、日本年金機構や各地の年金事務所には、問い合わせや苦情が相次いだ。 受給者らは「年金機構はたるんでいる」などと、怒りをあらわにしている。 同機構では相談の受け付けを始めた午前8時半以降、会議室に設置された10台の専用電話が「どうしてこんな事態が起きたのか」といった苦情などで鳴りっぱなしとなった。 同機構の担当者は「問い合わせが殺到していて、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング