「頑丈な」削除、Jアラートのメッセージ見直し

読売新聞 / 2017年9月14日 19時26分

北朝鮮による弾道ミサイル発射が相次いでいることを受け、政府は14日、発射情報を速報する全国瞬時警報システム「Jアラート」のメッセージを見直したと発表した。 従来はミサイルが通過した場合、周辺の都道府県に「この地域の上空をミサイルが通過した模様です」と伝えることになっていたが、地域や方向を具体的に示すよう改めた。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング