「近鉄バス」(大阪府東大阪市)の男性運転手2人が、運賃箱を不正に操作して運賃計約240万円を着服したとして懲戒解雇されていたことがわかった。 「南海バス」(堺市)で8月末、同様の手口の不正が発覚し、報道されたことから、近鉄バスも内部調査していた。 同社によると、運転手2人は別々の営業所に所属。不正が確認されたのは2014年9月~今年9月の期間で、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング