ポツダム宣言仲介のスイス、「日本と断交」検討

読売新聞 / 2017年9月22日 9時14分

1945年8月のポツダム宣言受諾の仲介という日本の終戦に大きな役割を果たしたスイスが、同年5月、日本と断交しようとしていたことが、スイスの外交文書から分かった。 国文学研究資料館の加藤 聖文 ( きよふみ ) 准教授がスイス連邦公文書館で確認した。断交が行われていた場合、スイスを通じてのポツダム宣言受諾ができず、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング