羽生、66年ぶり五輪連覇へ4回転4種類目「ルッツ」挑戦…今季初戦は右膝違和感で回避

スポーツ報知 / 2017年9月23日 8時0分

【モントリオール(カナダ)21日=高木恵】14年ソチ五輪金メダルの羽生結弦(22)=ANA=が今季中に4種類目の4回転ジャンプとなるルッツの導入を視野に入れていることが21日、分かった。ブライアン・オーサー・コーチが明かした。今季初戦のオータム・クラシックでは、4回転3本と3回転半ジャンプ(トリプルアクセル)2本を集めた「後半マックス」のプログラムに挑む。男子ショートプログラム(SP)は22日(日本時間23日)に行われる。66年ぶりの五輪連覇へ、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング