「なめてんのかアホ」取り調べで暴言…賠償命令

読売新聞 / 2017年10月12日 21時26分

器物損壊容疑で任意の取り調べを受けた際、大阪府警天満署員2人から暴言を浴びせられたとして、大阪狭山市の男性(32)が府に220万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、大阪地裁は12日、府に33万円の支払いを命じた。 北川清裁判長は「逮捕の可能性をにおわせて暴言を浴びせ、取調官の望む答えを引き出そうとした違法な取り調べだ」と述べた。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング