大西英男氏、マイペースの演説「周りはだんだん理解してくれています」

スポーツ報知 / 2017年10月13日 7時5分

「口は災いの元」で批判にさらされた「魔の2回生」の2人が、対照的な選挙戦を繰り広げている。元秘書に対する暴言、暴行が報じられ、自民党を離党して埼玉4区から無所属で出馬した豊田真由子氏(43)は有権者一人一人にひたすら謝罪を繰り返し、改めて支持を訴えるドブ板選挙。一方、度重なる放言が話題となった東京16区の自民前職・大西英男氏(71)は「下町のトランプ」よろしくマイペースの演説を続けている。「例の件がありまして、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング