民進、衆院選後に再結集の動き…希望伸び悩みで

読売新聞 / 2017年10月13日 10時26分

民進党参院議員の一部から、衆院選後に予定していた希望の党への合流を見送り、民進党に残ったまま再結集を目指す動きが出ている。 読売新聞社の衆院選序盤情勢調査などで希望の伸び悩みが顕著になったためだ。希望、立憲民主党、無所属、参院に分裂した民進前議員らが選挙後にどのような形で再編していくのか、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング