小学校で塩酸こぼれ13人病院搬送…理科実験中

読売新聞 / 2017年10月13日 13時18分

13日正午頃、福岡市南区長住の市立長住小学校の理科室で、6年生が実験中に使用していた塩酸がこぼれ、児童13人(男児4人、女児9人)が頭痛や気分不良を訴え病院に搬送された。 いずれも軽症とみられる。 福岡市教育委員会などによると、アルミニウム片を塩酸で溶かす実験をしていた際、児童が誤って試験管に入っていた塩酸を実験台にこぼしたという。教員が拭き取っていたところ、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング