小学校侵入のクマ射殺→「可哀想」と苦情 地元関係者に反論を聞く

J-CASTニュース / 2017年10月13日 17時59分

岐阜県高山市の小学校で、野生のツキノワグマが授業中の校庭に侵入し、地元の猟友会が警察の指示のもとクマを射殺する出来事があった。この騒動をめぐり、「クマがかわいそう」との問い合わせが市や学校などに寄せられている。地元の猟友会や学校、市の担当者はJ-CASTニュースの取材に、クマの射殺を決めた今回の判断について「妥当だった」と口を揃える。どの担当者も、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング