【オリックス】宮内オーナー「現状でいくとピッチャー」清宮回避へ「鶴の一声」

スポーツ報知 / 2017年10月19日 8時0分

オリックスが、早実・清宮のドラフト1位指名を「鶴の一声」で回避することが18日、決定的になった。都内で福良監督からシーズンの報告を受けた宮内義彦オーナー(82)は、ドラフト戦略について「意見を差し挟む余地はない」と前置きしつつ「現状からいくとピッチャーですね。おそらく必要なんだろうなと思う」と指針を示した。今季のチーム防御率3・83はリーグ5位。2ケタ勝利を挙げた先発は金子だけで、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング