台風で倒れた杉を撤去中、幹が直撃…男性死亡

読売新聞 / 2017年10月24日 12時39分

23日午後7時頃、京都市北区上賀茂の府道で、台風21号の影響で電線に倒れかかった杉(長さ約20メートル、直径約30センチ)の一部が撤去作業中に落下し、地上にいた作業員の西村暢幸さん(52)(京都府城陽市)を直撃。 西村さんは胸などを強く打ち、搬送先の病院で死亡した。 京都府警北署によると、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング