カタルーニャ 強引な「独立」が招く異例事態

読売新聞 / 2017年10月31日 6時1分

中央政府と自治州政府が激しく対立し、収拾の兆しが見えない。国家の秩序と安定を揺るがす異常事態である。 スペイン東部カタルーニャ自治州の議会が、一方的な独立宣言を採択した。州政府が今月初めに強行した住民投票で、独立への賛成票が多数を占めたことが根拠とされた。 中央政府は投票結果を認めていない。独立宣言が国の一体性を定めた憲法に違反するとして、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング