歩き方で個人識別、精度を大幅向上…犯罪捜査に

読売新聞 / 2017年11月8日 14時39分

人工知能(AI)の学習機能を活用し、映像に記録された歩き方の特徴から個人を識別する技術の精度を大幅に高めたと、大阪大の八木康史教授(画像認識)のチームが発表した。 犯罪捜査などへの応用が期待されるという。 チームはこれまで、歩く姿勢や歩幅、重心、手の振り方などを映像から数値化して、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング