業績悪化の複数の地銀、金融庁が立ち入り検査

読売新聞 / 2017年11月9日 8時51分

金融庁が、業績が悪化している複数の地方銀行を対象に、立ち入り検査を行っていることが8日、明らかになった。 低金利や人口減を背景に、地銀の経営環境は厳しくなりつつある。検査により、再編を含めた抜本的な経営改革を促し、将来にわたって財務の健全性を確保させる狙いがある。 月内に発表される「金融行政方針」で、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング