小平奈緒、500メートル18連勝! 五輪V2の韓国・李を下す

スポーツ報知 / 2017年11月12日 8時0分

【ヘーレンフェイン(オランダ)11日=林直史】第1戦第2日は、女子1500メートルで高木美帆(23)=日体大助手=が1分54秒68で優勝。同種目では日本勢最多のW杯通算2勝目を挙げた。女子500メートルは小平奈緒(31)=相沢病院=が37秒33で制しW杯10連勝。昨季から国内外で18連勝となった。郷亜里砂(29)=イヨテツク=も37秒88で3位。格下のBクラスは男子500メートルの加藤条治(32)=博慈会=と女子1500メートルで菊池彩花(30)=富士急=がともに1位だった。小平が最大のライバルとの直接対決を制した。女子500メートルの今季W杯2戦目は、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング