ある日突然犯人扱いされる「ネットリンチ」が急増

J-CASTテレビウォッチ / 2017年11月14日 15時50分

ツイッターやブログである日突然殺人犯扱いされる「ネットリンチ」が急増している。罵詈雑言のメールや電話が殺到し、仕事に支障が出、身の危険を混じることもある。容疑者と名前が似る、住所が近いなどのささいというよりは根拠にならない理由からだ。調べると、誤解や偏見を引き起こす要因が野放しになっていた。根拠ない非難の嵐が集中するネット炎上の記録を分析すると、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング