神奈川県立こども医療センター(横浜市)は14日、食物アレルギーに対する 経口 ( けいこう ) 免疫療法の臨床研究に参加していた子どもが今年、アレルギー症状とみられる体調不良を訴え、一時心肺停止になったと発表した。 脳に障害が出て、低酸素脳症の治療を受けているという。 同センターによると、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング