中国軍機、沖縄本島と宮古島の間の上空を往復

読売新聞 / 2017年11月19日 21時6分

防衛省は19日、中国軍の航空機計6機が同日、沖縄本島と宮古島の間の上空を往復し、航空自衛隊の戦闘機が緊急発進(スクランブル)したと発表した。 領空侵犯はなかった。 同省によると、確認されたのは、H6爆撃機4機と情報収集機など。東シナ海から両島間を抜けて太平洋に出た後、引き返して再び両島間を通過した。同省で中国軍の意図を分析している。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング