核廃棄物説明会 謝礼金で動員は信頼を損なう

読売新聞 / 2017年11月21日 6時0分

原子力事業は、地域住民の理解なしには進まない。廃棄物の処分問題はなおさらだ。意義を伝える努力が大切である。 高レベル放射性廃棄物の最終処分に関する意見交換会で、広報活動を委託された広告会社が、謝礼金の支払いを約束して学生を動員していた。 処分事業を手がける認可法人「原子力発電環境整備機構」(NUMO)が、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング