衆院代表質問 希望の建設的議論に注目する

読売新聞 / 2017年11月21日 6時0分

衆院選後、最初の本格的な国会論戦である。議論を実のあるものにするには、政府と野党の双方の努力が欠かせない。 安倍首相の所信表明演説に対する各党の代表質問が、衆院本会議で始まった。 質問では、立憲民主党の枝野代表と、希望の党の玉木代表の立ち位置の違いが明確になった。 枝野氏は対決姿勢を強調した。集団的自衛権の限定行使を容認した安全保障関連法を「違憲」と断じた。「地球の裏側まで行って戦争ができることになる」として憲法9条の改正にも反対した。 集団的自衛権は、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング