写真

地方消費税を巡っては駆け引きが続く(画像はイメージ)

消費税のうち各都道府県の税収となる地方消費税の配分方法の見直しが、2018年度税制改正の焦点に浮上している。財務省が、大都市への偏重を是正するため、大半を各地の「消費額」に応じて自治体に配っている現行基準を見直し、人口に応じた配分を基本とするよう改める方針を打ち出したのだ。これに対して大幅に税収が減ることになる東京などが猛反発している。与党の税制調査会で詳細を詰め、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング