【日本ハム】清宮、背番号「21」に内定 枠にとどまらず大きな存在に

スポーツ報知 / 2017年11月22日 5時0分

日本ハムのドラフト1位・清宮幸太郎内野手(18)=早実=の背番号が「21」に内定したことが21日、分かった。日本ではエース級の投手が背負うのが一般的だが、その既成概念を打ち破る意味も込められているとみられる。メジャーでは名選手、ロベルト・クレメンテ氏がつけ、栗山監督が尊敬する三原脩氏がプロ野球創成期に巨人で背負った番号でもある。24日に札幌市内で行われる新入団発表でお披露目される予定だ。野球界の枠にとどまらず、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング