イオン、傘下全店舗で成人向け雑誌取り扱い中止

読売新聞 / 2017年11月22日 18時25分

流通大手のイオン(千葉市)が、グループ傘下のスーパーなど全国約7000の小売店すべてで来年1月から成人向け雑誌の取り扱いを中止することが分かった。 イオンはスーパーや書店、ドラッグストアなどを傘下に持ち、これらの店で取り扱いを中止する。女性や子供、訪日外国人に配慮するためという。各都道府県の条例で定めた「有害図書」にあたる雑誌などの取り扱いをやめる。 傘下のコンビニエンスストア「ミニストップ」が12月から一部店舗で先行実施することを21日に発表している。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング