保護の8人「工作員の可能性含め調査」…菅長官

読売新聞 / 2017年11月24日 12時17分

菅官房長官は24日午前の記者会見で、秋田県の海岸付近で保護された北朝鮮籍を名乗る外国人8人への対応について、「当局が連携して警察署で詳細を確認中だ。関係機関が一体となり適切に対応したい」と述べ、事実関係の確認を急ぐ考えを示した。 8人が工作員である可能性に関しては「そうしたことも含めて慎重に調べている」とした。北朝鮮への引き渡しは「事案の経過をしっかり聴取した上で判断していく」と語った。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング