イスラエルとパレスチナの和平合意を建設的に仲介するという基本姿勢に疑問符が付いた。米国の外交政策への信頼が低下し、中東が一層混乱するのは避けられまい。 トランプ米大統領が、エルサレムをイスラエルの首都と認定し、テルアビブにある米大使館の移転を準備するよう、国務省に指示した。エルサレムにイスラエルの政府や議会があり、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング