◇フィギュアスケートグランプリ(GP)ファイナル第1日(7日、名古屋市ガイシプラザ)ジュニア女子のショートプログラム(SP)で、紀平梨花(15)は66・82点と自己ベストを0・04点上回り、4位発進となった。冒頭には高さのあるダブルアクセル(2回転半)を跳び、その後、3回転のフリップ―トウループの連続ジャンプなど、3本のジャンプを全て着氷。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング