スーパーコンピューター開発会社「ペジーコンピューティング」(東京都千代田区)を巡る国の助成金不正受給事件で、詐欺容疑で逮捕された同社代表取締役・斉藤元章容疑者(49)が東京地検特捜部の調べに対し、容疑を認めた上で「助成金を別の開発事業の資金に充てた」などと供述していることが関係者の話で分かった。 特捜部は、資金繰りに窮していた同社が、別の事業費を捻出するため、助成金を水増し受給したとみている。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング