「新たな惑星」AI発見…地球から2545光年

読売新聞 / 2017年12月15日 16時58分

【ワシントン=三井誠】米航空宇宙局(NASA)は14日、ケプラー宇宙望遠鏡の観測データを人工知能(AI)で分析し、太陽系の外にある恒星を回る惑星「系外惑星」を新たに確認したと発表した。 この恒星は「ケプラー90」と呼ばれ、7個の惑星があることは分かっていたが、内側から3番目の位置に新たな惑星を見つけた。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング