尖閣周辺を航行、中国潜水艦は原潜の可能性

読売新聞 / 2018年1月13日 8時12分

政府は12日、沖縄県・尖閣諸島周辺の接続水域内を11日に外国籍の潜水艦1隻が航行した問題で、この潜水艦が中国海軍所属と発表した。 12日午後に潜水艦が東シナ海の公海上で浮上し、中国国旗を掲揚して航行しているのを海上自衛隊護衛艦が確認した。政府は中国側に改めて厳重に抗議し、再発防止を強く要請した。 尖閣諸島周辺の接続水域で中国潜水艦による航行が確認されたのは初めて。小野寺防衛相は12日夜、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング