京都市交通局は外国人観光客の増加による車内混雑で運行に遅れが出ている市バスについて、乗降方法を関西で一般的な「後ろ乗り・前降り」から「前乗り、後ろ降り」に変更することを決めた。 実証実験で「前乗り」は停留所での停車時間が約2割(11・5秒)短縮する効果があったという。 市バスは1970年代以降、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング