地理Bに「ムーミン」登場…「解けない」の声も

読売新聞 / 2018年1月13日 20時17分

大学入試センター試験の「地理B」では、北欧を題材にした問題で、世界で親しまれているキャラクター「ムーミン」が登場した。 問題は、過去に日本で放映されたフィンランドとノルウェーを舞台にしたアニメのキャラクターと両国の言葉を示し、フィンランドの組み合わせを選ぶもの。ムーミンは、フィンランドの作家トーベ・ヤンソン(1914~2001年)が生み出した。 試験後、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング