精神障害で不起訴、入院中のブラジル人逃げ出す

読売新聞 / 2018年1月13日 22時7分

13日午後0時50分頃、名古屋市千種区徳川山町の愛知県精神医療センターから、入院中の20歳代のブラジル人男性の行方がわからなくなったと110番があった。 県警千種署などが男性の行方を捜している。 センターの発表によると、男性は1メートル80程度で中肉中背、短髪で黒っぽい服を着ていた。昨年7月に起きた傷害事件にかかわったとして逮捕されたが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング