【ロサンゼルス=田原徳容】米ハワイ州で13日午前(日本時間14日未明)、北朝鮮からハワイに向けて弾道ミサイルが発射された際に避難を求める緊急警報のメッセージが、住民や滞在中の観光客の携帯電話などに誤送信される騒ぎがあった。 同州のイゲ知事は、「職員が引き継ぎで警報システムをチェックする際、誤ってメッセージを送るボタンを押した」と説明し、謝罪した。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング