BS放送「解像度低下」、画質への影響は? 専門団体は「変わらない」と説明

J-CASTニュース / 2018年1月16日 20時49分

2018年12月にスタートする4K・8K放送にあわせた帯域再編の影響で、BS放送の一部チャンネルで「解像度」が低下する予定だ。これまで「横1920×縦1080ドット」だったものが、地上デジタル放送と同じ「横1440×縦1080ドット」になるのだ。こうした解像度の低下が報じられると、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング