18歳・吉永が準々決勝進出 坂爪は救済措置で ショートトラック男子1000m予選

スポーツ報知 / 2018年2月13日 19時41分

◆平昌五輪第5日▽ショートトラック男子1000メートル予選(13日・江陵アイスアリーナ)32人が8組に分かれ争う予選が行われた。日本勢は坂爪亮介(27)=タカショー=、吉永一貴(18)=名古屋経大市邨高=、渡辺啓太(25)=阪南大職=の3人が出場。18歳の吉永は2組2位で準々決勝進出を決めた。3組の渡辺は3位で予選敗退となった。1組の坂爪はハンガリー選手に倒され転倒したが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング