写真

宮原知子選手(画像は日本オリンピック委員会(JOC)公式サイトから)

平昌五輪のフィギュアスケート団体で、宮原知子選手のコンビネーションジャンプが「回転不足」と判定されたことが波紋を広げている。 ソチ五輪代表の町田樹氏は、他の選手と比べて「何も遜色はありません」と断言。「堂々と個人戦に臨んでほしい」と語った。 「今ちょっと物議を醸していますが」 2018年2月11日に行われたフィギュア団体の女子ショートプログラム(SP)。宮原選手は冒頭で得点源となる3ルッツ+3トウループのコンビネーションジャンプを跳び、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング