安倍首相は14日夜、米国のトランプ大統領と電話で会談し、核・ミサイル開発を進める北朝鮮について、非核化を前提としない対話には応じないとの認識で一致した。 政策を変更させるため最大限の圧力をかけ続けていくことも確認した。 首相は会談後、「対話のための対話では意味がない。日本も米国も完全かつ検証可能、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング