坂爪亮介5位、日本勢12年ぶり入賞…ショート

読売新聞 / 2018年2月17日 21時44分

平昌五輪第9日の17日、スピードスケートショートトラック男子1000メートルが行われた。 坂爪亮介(タカショー)が5位となり、ショートトラックの個人種目では日本勢12年ぶりとなる入賞を果たした。前回の入賞者は、2006年トリノ大会の男子500メートル6位だった寺尾悟と、同女子1500メートルで7位だった神野由佳。 準決勝第2組3位で6~8位決定戦に回り、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング