深夜のジャンプ、欧州視聴者に配慮…空席目立つ

読売新聞 / 2018年2月19日 22時33分

【平昌=広瀬誠】平昌五輪で、スキージャンプは競技終了が深夜にまで及び、観客からは戸惑いの声が上がっている。 19日午後9時半から始まった男子団体では観客席の半数程度が空席。ジャンプは欧州で人気が高く、時差のある欧州の視聴者が見やすい、昼間の時間帯に行われていることが背景にある。 五輪の競技時間の設定は、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング