メダル候補・郷、8位に声震わす「あっという間」

スポーツ報知 / 2018年2月19日 7時0分

◆平昌五輪第10日▽スピードスケート女子500メートル(18日、江陵オーバル)初出場でメダル候補として臨んだ郷は、悔いの残るレースになった。同走の李相花に大声援が送られた。完全アウェーの雰囲気の中で滑り、37秒67のタイムを見ると唇をかんだ。「これが五輪なんだな」。今季W杯で4度も表彰台に立った力を発揮できず8位に終わった。これまで何度となく引退を考えた。所属先が見つからず、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング