渡部暁斗、前半ジャンプで首位に…複合個人ラージヒル

スポーツ報知 / 2018年2月20日 20時5分

◆平昌五輪第12日▽複合個人ラージヒル決勝(20日)複合個人ラージヒル決勝で、渡部暁斗(29)=北野建設=が前半の飛躍に臨み、134メートルを飛んでトップに立った。1秒差の2位にノルウェーのヤールマグヌス・リーベル。複合個人ノーマルヒルで金メダルを獲得したエリック・フレンツェル(ドイツ)は24秒差の4位。14日の個人ノーマルヒルは2大会連続の銀。「シルバーコレクター」の異名に「2位は飽きた」と笑った。後半の距離は午後9時45分スタート。92~93年シーズンからW杯個人総合3連覇を果たすなど「キング・オブ・スキー」と呼ばれた荻原健司も届かなかった、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング