高木美帆、報奨金1600万円ゲット 姉の菜那も1000万円

スポーツ報知 / 2018年2月22日 7時0分

日本オリンピック委員会(JOC)はメダルの色に応じて報奨金を出しているが、この日の優勝で高木美帆(23)=日体大助手=は日本スケート連盟のものも合わせて1600万円の“ボーナス”をゲットした。JOCの報奨金制度は、1992年のアルベールビル冬季五輪からスタート。当時は金300万円、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング